バースレビューの論文 review on birthreview

産後ファミリー外来を開始するに当たり、バースレビュー「どんなお産でしたか?」とdebriefingを行なうことについて検証。

読んだ論文(skim readingですが)

http://jp.citeulike.org/user/familydoc/tag/birthreview

分かったこと
正常なお産についてはデータがない。
traumatic birth, operative birth, instrumental birthなどについては、RCTが存在するが、結果は差がないか、若干悪化する可能性を示唆。
多くは助産師によるdebriefing
助産師は自由診療としてdebriefingを提供している所もある。

うちではどうするか
データが存在する、介入の強かったお産はおそらくこないと思われる。正常なお産については、positive reinforcementを期待して、ごく簡単でinformalなbrith reviewをおこなう。
一定期間後見直し。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中