月別アーカイブ: 4月 2008

臨床研究初学者のための勉強会,資料

平成20年度 臨床研究初学者のための勉強会
(リンク切れていますね)に向けて,参考資料を2つ準備.

量的研究と質的研究
プライマリケアでの研究ニーズ(分野、領域)

昨年同じ勉強会で参加者からでたresearch questionがあまりにも狭い領域に限定されていたので(治療薬の効果を見るようなものばかり),第2回か3回目でプライマリケアでの研究ニーズ(分野、領域)の話をしたら,「もっと早く聞きたかった」との声が多かったため,第1回で提示することとした.

僕が質的研究,量的研究をバランスよくトレーニングを受けたこともあるだろう.量的研究と質的研究については今回の勉強会では質的研究は扱わないが参加者のresearch questionの解決に質的研究の方が適しているものを立ててしまった場合,やはり途中で大幅な方針変更(research questionの変更)を必要とするため,量的研究が扱えるresearch questionの性質を知った上でresearch questionが立てられるよう,研究という大きな領域の中での量的研究の位置づけと役割についてまず提示するものである.

質的研究 qualitative research のリソースのentryをupdate

プライマリケアでの研究ニーズ(分野、領域)の引用元となった本.名著です.

Primary Care: Balancing Health Needs, Services, and Technology
Primary Care: Balancing Health Needs, Services, and Technology
  • 発売元: Oxford University Press, USA
  • 価格: ¥ 4,298
  • 発売日: 1998/10/15
  • 売上ランキング: 269753

広大な海に恋い焦がれることを教えよ

2008年04月15日 学習する理由が、外的な理由である間は、プロフェッションではない 医学教育でのひとりごと

を読んでいて、以前から時々引用する言葉をふっと思い出した。
星の王子様の作者サンテグジュペリのことば。

If you want to build a ship, don’t drum up people to collect wood and don’t assign them tasks and work, but rather teach them to long for the endless immensity of the sea.

Antoine-Marie-Roger de Saint-Exupery

船を造りたければ、木を集めるために太鼓を鳴らして人を集めたり、仕事を割り当てたりするのではない。むしろただおわりなき広大な海に恋い焦がれることを教えよ。

いわゆる「背中を見せる」教育です。ただし、背中を見せる教育は「見せるべき背中」を見せなければならないということ。
自らが今の仕事を愛しているか。それがなければ弟子が仕事を愛することは難しい。

今医者いじめや社会的状況が医師が情熱を持って仕事をするのが困難な状況にしています。誰の責任ということではなく、悪循環をどこかで断ち切る必要があります。


website stats