臨床研究初学者のための勉強会,資料

平成20年度 臨床研究初学者のための勉強会
(リンク切れていますね)に向けて,参考資料を2つ準備.

量的研究と質的研究
プライマリケアでの研究ニーズ(分野、領域)

昨年同じ勉強会で参加者からでたresearch questionがあまりにも狭い領域に限定されていたので(治療薬の効果を見るようなものばかり),第2回か3回目でプライマリケアでの研究ニーズ(分野、領域)の話をしたら,「もっと早く聞きたかった」との声が多かったため,第1回で提示することとした.

僕が質的研究,量的研究をバランスよくトレーニングを受けたこともあるだろう.量的研究と質的研究については今回の勉強会では質的研究は扱わないが参加者のresearch questionの解決に質的研究の方が適しているものを立ててしまった場合,やはり途中で大幅な方針変更(research questionの変更)を必要とするため,量的研究が扱えるresearch questionの性質を知った上でresearch questionが立てられるよう,研究という大きな領域の中での量的研究の位置づけと役割についてまず提示するものである.

質的研究 qualitative research のリソースのentryをupdate

プライマリケアでの研究ニーズ(分野、領域)の引用元となった本.名著です.

Primary Care: Balancing Health Needs, Services, and Technology
Primary Care: Balancing Health Needs, Services, and Technology
  • 発売元: Oxford University Press, USA
  • 価格: ¥ 4,298
  • 発売日: 1998/10/15
  • 売上ランキング: 269753
広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中