>家庭医による産婦人科領域についての患者ニーズ

>日本プライマリケア学会での大原医師との共同発表.
必要とされていないというより,周知の問題とアクセスの問題.

http://documents.scribd.com/ScribdViewer.swf?document_id=3609009&access_key=key-7buzbf53abnm4scnlwt&page=1&version=1

2J-06 31 5/13-15/2008 1 • 2006 6 2007 8 • • 45 2008 1 15 1 24 20 2006 6 2007 8 20 2008 1 15 24 45 2 • 31.96 n= 1 201 31.96 3 2 1 2 4 3 5 n=201 • • • • – • • 46.8% 10.5% 69.6% 71.0% n=21 15 12 4 46.8% 69.6% 10.5% 71.0% 6 n=199 • • • • – • • • 1 53.8% 8.6% 66.3% 68.6% n=50 23 6 11 5 5 53.8% 66.3% 8.6% 68.6% 7 n=188 • • • • – • • • 36.7% 8.1% 74.7% 72.1% n=65 33 4 21 1 6 36.7% 74.7% 8.1% 72.1% 8 • • • • 7 8 4 8 5 9 • • • • • 3 1 1 3 2 10 • 11
広告

>家庭医による産婦人科領域についての患者ニーズ」への1件のフィードバック

  1. >ミシガンでも同様のリサーチを考えていました。もちろん切り口は多少違いますが。参考文献にさせていただきたいので、是非ペーパーにして下さい!機会があればコラボも。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中