日別アーカイブ: 6月 29, 2009

亀田メディカルセンター 初期研修医 応募締め切り間近!(7/10)

母体である亀田メディカルセンターの初期研修医の募集締め切りが7/10に迫っています。

全国的な初期研修制度の弾力化に伴い、院内では複数回の大規模な内部ヒアリングを行った上で、あえて柔軟性を少しだけ落として、「全ての診療医に必要な基本的臨床技能」の保証を再度徹底する方針となりました。

亀田メディカルセンターの初期研修「骨太の医師養成」

とは言うものの、志望科をふまえてそれぞれで受験、採用という方針は変わりません。家庭医志望は非常に倍率が高く、私の力不足もあって、なかなか採用に至らないという非常に申し訳ない最近の実績ですが、いまのところの応募状況では、今年はずいぶんと倍率が低そうです。

我こそは、という方はぜひ登録を!

亀田メディカルセンター 研修医募集サイト

家庭医の後期研修の公募は8月頃の予定です。今年も大きな改善をふまえて皆様にお届けします。乞うご期待

医師としてストレスがたまったときの12のルール / Rules for Physician Survival (M. Stuart, 1993)

医師としてストレスがたまったときの12のルール / Rules for Physician Survival (M. Stuart, 1993)

以前まとめたものを見直した改訂版。
Marian R Stuart, et al. The Fifteen Minute Hour, Applied Psychotherapy for the Primary Care Physician, second ed. 1993より。
プライマリケア医向けの外来簡易精神療法の本.1回分が15分というプライマリケア医の診療の構造にあわせてできることを目指している。患者に適応できるものは医師にもできる、ということで、患者さんの問題を抱 え過ぎて自分が参ってしまわないために最後にRules for Physician Survivalとして12のルールがまとめてある. 「15分間の問診技法:日常診療に活かすサイコセラピ ー」として医学書院から日本語訳が出ています.プライ マリ・ケア医のための外来簡易精神療法について書かれ た本としてはバイブル的存在.BATHE法の出典です .現在英文は第4版です。

医師としてストレスがたまったときの12のルール / Rules for Physician Survival (M. Stuart, 1993) http://d.scribd.com/ScribdViewer.swf?document_id=16768750&access_key=key-2mzwl4b45hd5p0juln85&page=1&version=1&viewMode=list
日頃ストレスがたまったら見直すとよい。

やはり認知療法の原点は同じですので、同様のルールが様々な人によってまとめられています。個人的に留学時代に薫陶を受けたPaul Friday先生のはFriday’s Laws(フライデーの法則)として8つにまとめられています。

1. Life is difficult.
2. Perception is reality.
3. Change is the toughest thing a human being can do.
4. You can never change another human being can do.
5. I am responsible for everything I do and say. I am not responsible for your response.
6. The future and the past are seldom as good, or as bad, as we anticipate or remember.
7. Nobody has a squeaky-clean psyche.
8. The only thing that lasts forever is …. now.

The Fifteen Minute Hour: Therapeutic Talk in Primary Care
Marian R. Stuart, Joseph A., III, M.D. Lieberman
Radcliffe Medical PR ( 2008-11 )
ISBN: 9781846192883

15分間の問診技法―日常診療に活かすサイコセラピー
玉田 太朗, 玉田 寛, 佐々木 将人
医学書院 ( 2001-03 )
ISBN: 9784260138734
おすすめ度:アマゾンおすすめ度