集団健診での診察

地域自治体での集団健診の問診、診察医の業務を行うことがあると思います。
短時間で多数の方に対応しなければならないのと、その制約の中でどこまでやるか、という問題について、あえてばっさりと書いています。もちろん、別の立場からの異論はあると思いますが。

エビデンス的には医師の診察はほとんど不要です。
それでも、日本の制度上、医師の診察をやらざるを得ない中で、少しでも無駄を省いて、かつ意味のある仕事ができるために、いくつかポイントを挙げておきます(包括的ではないと思いますが)

1.健診(スクリーニング)と精査(w/u)を区別する
1-a スクリーニングは症状のない人において疾患を見つけるためのもの。症状(便が黒い、胸が苦しいなど)がある時点でそれは精査ー>検診の場で根掘り葉掘り聞かずに近医受診を勧める(3-e)
2.厳密なエビデンスに基づくならば集団健診において医師の診察(身体診察)は不要
2-a. スクリーニングが正当化されるのは喫煙歴、血圧の測定、大腸がん、子宮がん、乳がん程度(後記文献参照。集団健診よりもがん検診のほうがよっぽど意義あり。ただし、がん検診を推奨する年齢の上限については議論の余地あり)
3.それでも医師が診察をしなければならないとするとその意義としては
3-a. 血圧の異常があり通院歴のない人に受診を進める
3-b. 喫煙歴のある人に禁煙を勧める
3-c. 採血も含めた総合判定でどうせ本人に通知が行くから3-a.bは不要なのでは、という意見もあるでしょう。しかし、ただ紙の通知が来るだけなのと、医師から直接受診を進められるのとは重みが違います。医療従事者が直接特定個人に向けて発する言葉の重みを過小評価してはいけません。健診の異常は言われていたが症状が出るまで・何年もほおっている人のどれだけ多いことか!
3-d. がん検診を勧める(集団健診とがん検診の申し込み、実施時期は別なので、集団検診を受けていてもがん検診は受けていない人も多い。どっちかだけ受けるならがん検診のほうが意義が大きい)
3-e. 近隣のかかりつけ医、家庭医を確保するようお勧めする(集団健診での医師の問診、診察には限界がある。かかりつけ医(usual source of care)をもつ人はそうでない人よりも健康度が高いことは多くのエビデンスがある)
3-f. 高齢者の受診が多いと思うので、個人的に集団健診で気をつけているのは、動作(歩いたり座ったり、服を脱いだり)に時間のかかる人(最近の転倒歴を聞いてください)。話のつじつまの合わない人。独居の人。(総じていわゆる虚弱高齢者)ー>ぜひ近隣のかかりつけ医、家庭医確保をお勧めしてください。(虚弱高齢者のスクリーニングについてはエビデンスはまだ萌芽レベルですが)

エビデンスがない=意義がないとはいいません。また個別事例的に進行がんが見つかったり、重症心不全が見つかったり、ということがあると思いますが、それがすなわち、「その状態を発見するために症状のないすべての人に問診や診察をする価値がある」とはならないことに注意。

以下参考

科学的根拠に基づくがん検診のページ
http://canscreen.ncc.go.jp/

健康診査の健診項目(科学的根拠についての厚生労働省研究班のレビュー)
http://minds.jcqhc.or.jp/stc/0051/1/0051_G0000137_0006.html
http://minds.jcqhc.or.jp/stc/0051/1/0051_G0000137_GL.html

新聞記事(参考)
http://www.pure-renaissance.com/product/cardguard/07.pdf

広告

集団健診での診察」への1件のフィードバック

  1. 私のブログにコメントありがとうございました。
    また引用の許可まで頂き感謝申し上げます!!
    今後ともよろしくお願いいたします!

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中