星投げびと ’It made a difference for that one’

家庭医として駆け出しの頃に指導医から聞いた話。どうやら出典はLoren Eiseleyという人類学者かつ文筆家のStar Throwerという話のようです。

Loren Eiseley
Star Thrower

ストーリーの概略を日本語で。

昔々海辺で執筆活動をする賢者がいた。彼は執筆活動に入る前に海岸の散歩を行う習慣があった。ある日,彼が海岸を歩いていると遠くで人影がダンスをしているように動いているのが見えた。人影に近づくにつれて,その若い男は踊っているのではなく,何度も何度も海岸にかがみ込んでは何かを拾い上げそうっと海のなかに投げ入れているのだった。

賢者が近づいて「おはよう,何をしているのかね?」と尋ねると、若い男は顔を上げて、「ヒトデ(starfish)を海に投げ入れているのですよ」
「こう聞くべきだった、なぜ君はヒトデを海へ投げ入れているのかね?」
「もうすぐ日が昇り,潮が引くので、私が投げ入れなければ彼らは死んでしまうのです」
「だが若者よ、海岸線は何kmにもおよび、そこにそって無数のヒトデがいるのだよ、何の足しにもならないのではないかね(you can’t possibly make a difference!)」

若者は、真摯に聞いていたが、またしゃがみ込んで,もうひとつのヒトデを波打ち際の向こうへ投げ込んで,こう言った。
「今のヒトデ(今投げ入れた)にとっては大きな意味のある事でしたよ(”It made a difference for that one.”)」

若者の言葉に賢者は驚き,ショックを受けて,返す言葉もなく、振り返って自分の仕事場に戻り執筆を再開した。

当時の指導医(Dr. Merenseinだったのではないかと思う。)はこのストーリーを引き合いに出して、目の前の患者に集中する事、自分にとっては日々の些細なルーチンであっても、相手にとっては自分の存在、言動が大きな影響となる事(touch someone’s lifeと表現されます)、そして、家庭医の仕事,才能は患者を医療システムという大きなルーチンワーク工場のベルトコンベアにのせられたと感じさせるのではなく、より個別化された,医療を人間的な体験にする(humanizing medical care)ことだと教えてくれました。

ディズニーではキャストに対し、目の前のゲストがもしかしたら、その人にとっては始めてのディズニーランドかもしれない、こどもが一生懸命おこづかいを貯めておばあちゃんをつれて来たかもしれない、もしかしたら死期が近づいていて最期の思い出作りかもしれない、「その人にとってはそのとき一回きりのの貴重な体験だと考えて」と教えるそうです。

我々医療者にとっては無数に対応する毎日のルーチンワークであっても、相手にとっては、医者にかかるのが始めてかもしれない、始めてのこどもの始めての発熱かもしれない、他で残念な応対をされて,「あそこならちゃんと診てもらえる」という期待を持っての受診かもしれない、「いつもの」応対を求めての受診かもしれない,そんなことを考えたら、いいかげんな対応は出来ないな,と改めて身の引き締まる想いです。

どの職業にとっても言える事だけれど。

Star Throwerの話には続きがあります。

賢者は一日中執筆していたが、若者の事が頭にこびりついていた。忘れようとしたが無理だった。午後遅くになって,ついに賢者は若者のやっていた事の本当の意味に気づいた。
ただ世界が流れているのを眺めて過ごす観察者でいることを選んだのではなく、その世界の中で行動を起こし、何かを変える事を選んだのだと。彼は自分のことが恥ずかしくなった。

被災地の面積も,影響を受けた人の数もとてつもなく大きく、たった数日、たった数人の支援いや、数ヶ月の支援ですら意味のある事なのかと自問自答してしまいがちかもしれないけれど、その相手にとっては必ず価値のある支援となります。(It made a difference for that oneを思い出して)
こんなことを考えながら、今日も被災地で支援をする人々を応援しつつ、自らも日々の目の前の患者さんに誠実に向き合う事を再確認するのでした。

実習中の学生さん、研修医の皆さん。「自分はいったい何の役に立っているのだろうか」と感じる事も多いと思います。あなたがただただ真摯にお話を聞いた10分がその人にとっては大きな違いとなるのです。

家庭医は個別化の専門家であるというテーゼを立ててみる。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中