ケアの継続性ということ

法人が地域の医療機関向けに発行している「がん地域連携室だより」が今回から「地域連携室だより」と名前を変えることになりその第一号ということで、原稿を書かせて頂きました。プライマリケアをやる立場にありながら、ほぼ全ての紹介が集まる第3次医療機関の法人所属という微妙な立ち位置で、どのような立場で,誰に向けてこの文章を書くのか,という事でかなり悩みましたが、結局全ての医療従事者が考えるべき内容としてまとめることができました。

継続性には医療提供者の継続性”continuity of caregiver”とケアの継続性”continuity of care”があり,それを分けて議論する必要があります。詳細はSaultz(文末)に詳しいです。continuity of caregiverは物理的に、実現不可能なのだから(「一生あなたの面倒を見ます」はスローガンではあっても実現可能な約束ではない),もうちょっとcontinuity of careがちゃんとなるように連携をやりましょうよ,という話です。立場や所属を超えて地域でやるべき事はもっともっとあるはずです。字数制限の中で言葉足らずの部分はありますが。。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
ケアの継続性ということ

「ずっと○○先生に診て欲しい」.
患者さんとしては当然の願いだと思います.しかし考えてみると,
1)一人の医師が24時間365日対応する事は不可能(不眠不休)
2)医師が独り立ちするのは早くて30歳前半,70歳まで一箇所で働いたとしても職業寿命は40年,日本人の平均寿命は男約80年,女約86年.物理的に人の一生の半分がせいぜい
3)幅広く診療する家庭医,総合医としても全ての領域,重症度まではカバーできない,という理由でそもそも成立しない願いです.
一方,ずっと同じ医師に診て欲しい,という願いにはそれなりの正当性があり,患者の側からは自分のこと(医学的なことだけでなく,考え方や生活背景,家族状況,仕事など)を分かってもらっていて,いちいち全部説明しなくても良い,気心が知れているので,間合いが取りやすい(話しやすい)という利点,医師の側からも全く同じ理由で,それまでの長期間の患者についての情報の蓄積から情報取得の手間が簡略化できる,医師にとっても,その患者さんがどのような「人」か分かっていることは,難しい話でも顔色を見ながらうまく話が出来るというメリットがあります.逆に入院治療の研究では担当医が交代するときの申し送り(hand off)の際に多くの情報の伝達もれが生じ,ミスの原因になるとされています.
さて,一人の医師がずっと,全てを行うことが物理的に不可能な中で,先に挙げたような一人の医師が診ることのメリットを医師,患者共に利用できるためには,
1)紹介時には医学的な情報が正確に,過不足なく伝達されることは言うまでもなく,かかりつけ医から専門医療機関への紹介の際に,その患者さんの人となりが見えるような情報を(心配性な方です,漁師の方です,xxまでの仕事復帰がご希望ですなど)少しでも書き添えることで,受ける側も単なる「血便が主訴の70歳男性」といった無味乾燥な印象ではなく,一人の人間としての対応がしやすくなる
2)紹介する際に患者さんには「紹介先の○○先生は見かけはむすっとしているけど釣りが大好きなんだよ」「こういう言い方すると臍曲げるからね」といった,医師の人柄が見えるようなアドバイス.を行うことで,患者さんも医師との間合いが計りやすくなる.
3)紹介された側は「○○先生からの紹介ですね,あの先生声大きくて元気ですよね」「実はあの先生とはカラオケ仲間で」といった紹介元の先生についての一言をそえることで、「私のよく知っている先生の知り合いの先生」という親近感を生む
などにより連携している者同士がツーカーの仲で,広い意味での「地域全体の医療従事者での大きなチーム」によるケアの継続性が担保されている,という印象を生み,医師や担当者が変わることのデメリットを補い,患者さんに大きな安心感とことが出来るのではないでしょうか.
そのためには,「担当者が変わってもケアが継続する」ということはどういう事なのか,を常に問い続け,普段から両者が「顔の見える連携」を心がけることが大切であると考えます.
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

Textbook of Family Medicine: Companion Handbook
John W. Saultz
McGraw-Hill Professional ( 2000-12-20 )
ISBN: 9780070579774

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中