NHK総合 総合診療医 ドクターG「なんとなくおなかが痛い」9月6日(木)所感(ネタバレなし)

NHK総合 総合診療医 ドクターG「なんとなくおなかが痛い」9月6日(木)
http://www.nhk.or.jp/program/doctorg/

ごらんくださった皆様へ
多くの視聴者の方が今夜の番組を見て、このページにたどり着いたのではないかと思います。
なるべく、シンプルにメッセージをまとめておきたいと思います。言い訳のようなものですが。
ここでは,家庭医・総合医をジェネラリストと書かせていただきます。
(NHKさんとの約束で,書けないこともあり、意図的にぼかしている部分もある事をご了承ください)

基本的に、昨年出演取材いただいたこれが世界のスーパードクター14 TBS系 2011年3月22日(火)よる9:00からの時に書いたメッセージと大きく内容は変わりませんが、出来るだけ誤解を避けたいので改めて,手短にまとめておきたいと思います。

一般の皆様、患者様へ
昨日の記事(こちら)にも書かせていただきましたが、大切なことなので、再度書かせていただきます。

#テレビはあくまでテレビ。番組(エンターテイメント)としての目的が果たせるよう、正確さを無視する訳ではないですが、一般の方へのわかりやすさを最優先して作成してあります。
#われわれが日常的に出会う症例の中で、番組で取り上げられる事例のように時間がかかり,診断が紛糾する症例はごくわずかです。ニュース報道もそうですが、「日常的ではない/珍しい」だからこそ,話題になり、テレビになるのです。ほとんどが日常病、日常高頻度問題とかコモン・ディジーズ、コモン・プロブレムと呼ばれ、それらは若い研修医でも比較的短時間で正しい診断にたどり着きます。
#一方で,診断までに複数回の通院が必要だったり、数ヶ月、数年かかる場合もあり,また最終的に診断のつかない事例もあります。テレビのように数十分かければ診断がつくものばかりとは限りません。(ちなみにテレビの20分強のカンファレンスはその何倍もの時間のカンファレンスをもとに編集されています)。何件か医師,医療機関を回ってようやく診断にたどり着く事例もありますが、それは,別の医師にかかったからというより,時間がたって症状がそろって来たから、それまでの医師のところで「異常がなかった」検査から除外できる病気があるから,という理由のほうが多いと思います。基本的な診断のトレーニングを受けた医師であれば概ね丁寧に経過を追わせていただければ、診断にたどり着く事が多いです。数回でだめだからと別の医師に変わらずに,最初にかかった先生と根気よくつきあってみて下さい。
#我々ジェネラリストの仕事のなかで「病名をつける」事はほんの一部です。他の診断(患者さんの心理状態はどうか、経済状態はどうか、おかれた社会状態(家族や介護者,仕事など)はどうかといった評価)も同時に行っていますし、それよりなにより、病名はすぐに分かる事が多いが,治療が大変なことも多く(体重の減量、禁煙、禁酒、薬をしっかり飲んでいただくなど)、そこの部分で治療のタッグを組むところへの工夫が大半、また診断がわかっても現代の医療では治療のない病気もあり,そういった方にどうよりそうかも我々の大きな仕事です。
#自分がすごく優れているとは考えていません、たまたま様々なご縁で出演の機会を頂きましたが、自分よりもずっと優秀だけれど、地域の現場で声も上げず,誰にも取り上げられず,ただ黙々と地域の現場、患者さんの生活を守っているジェネラリストが日本中にいます(まだまだ足りていませんが)。どうか,あなたの身近にいるスーパー・ドクター、ドクターGに気づいて下さい。地道に丁寧に仕事をされている地味だけれど味のある先生がかならずいます。私はみなさんに日本中のそういった先生方の存在に気づいていただく、家庭医・総合医という専門分野の存在,仕事について知っていただくためのきっかけ、話題作りにすぎないと考えています。どうか、それぞれの地域でジェネラリストの必要性を近隣の医療機関に訴えていただけるとありがたいです(投書箱、ご意見箱があると思います)
#研修医の先生方が出来が悪い,と考えないで下さい。私は症例を出す側として答えを知っています。研修医の先生は当日の撮影まで症例の情報を一切与えられていません。カンファレンスもぶっつけ本番です。逆の立場だったら私もきっと悩み、答えにたどり着かないこともあると思います。そして,若い医師の育成にみなさんが協力をしてもらえないと、優れた医師は歳をとって行くばかりで,社会全体の不幸となります。医師免許をとってからの5年前後は,必ず指導医が裏で目を光らせていますので、1回分の受診/支払いで2人分の医師の知恵が借りられるお得な機会と考えていただくのがよいでしょう。

私への受診,相談について
#番組のテロップでも出していただきましたが、家庭医としての仕事は診断をつける事はほんの一部で、主たる仕事は特定の患者さん、その家族、その地域と長く関わる事で、その方々の生活を支える仕事です。そのためには,患者さんの生活の場と私の仕事場が近い事,かかりやすい事が前提条件です。また、先に書いたように、一回来ていただいてそこで診断がぴたりとわかる,というものではない事が多いです(占い師ではありません)。お話を聞いて,診察をして、検査をして、結果が出る頃に来ていただいて、見立てた薬を少し試していただいて、その効果を聞かせていただくためにまた来ていただいて、大きな検査は、病院へ紹介状を書いて、また結果を持って来てもらって、という事を初診からの数ヶ月こまめに来ていただいて,診断にたどり着く、またその中で自然と症状が改善するという例が大半です。遠方の方にはそれがとても負担になると思いますし,そこまでしてもらって来てもらう事は、私の望むところではありません。診断をつける事を得意としているジェネラリストは通常大きな病院/大学病院の総合診療科にいます.ぜひ,最寄りの大病院の総合診療科への相談がまだでしたら,まずそちらに相談されることをお進め致します。よろしくお願い致します。

研修医、医師、専門医の方々へ
#いろいろな批判はあると思います。(あの鑑別診断が挙がっていない,とか、医学用語の使い方が不正確とか、医学的事実と異なるとか)。地上波になって、対象は医療者ではなく一般の方が優先で,医学的な正確さを無視する訳ではないが、わかりやすさを第一に編集が行われています。またカンファレンスそのものはかなりの長時間行われ,きちんと頻度の低い疾患や難しい病名、立ち入った病態生理の議論などが行われています。我々も患者さんへの説明で、嘘は言わないにしても,わかりやすさを優先して、概ねあっていれば,厳密さに妥協する場合もあるでしょう。正確さを優先するあまり、わかりにくくて誰にも伝わらないよりはよいのではないでしょうか。そういう意味では真摯な番組作りをしている分、こちらのほうが、み◯も◯た、ためして◯ッテン などよりは、よっぽどまともだと思います。しかし、残念ながら,今回の撮影でも何カ所かどうしても伝えたかったのに諸事情により伝えられなかったことがあるのも事実です。
#問診よりも診察を先にすればすぐに診断がつく事例、検査しなければどうにもならないような事例、もあることは当然ですので,番組に出せる事例というのは限定されてきます。岩田健太郎先生も書かれています。
番組はエンターテイメントであるということを考慮せざるを得ません。
#人間力,という事を申しましたが,私が人間力があるという訳ではなく、そこを目指したい,一緒に目指しましょう,という意味です。人は,足りないからこそ必要性を主張する訳なので。
# 研修医を出しにするのはどうか,というご意見もあることは承知しています。そう思います。今回のお話を頂いてから、ずっとそこは,そうならないように制作側にお願いしてきました。NHKも、それは番組の望むところではない,という立場で,毎回細心の注意を払って制作をされています。
# ジェネラリスト,特に家庭医の仕事は診断学以外の部分が醍醐味だ,という点.これもかなりこだわって,お願いしましたが、当然違う番組になってしまうので、通らず。別でドクターFという番組を作ってもらうしかないかもしれません。

#タイミングよくJIMという雑誌の特集で今回の最終診断に関係するクリニカル・パールがいくつかありましたので抜粋しておきます。

JIM Vol.22 no.8 2012 -8  p.599
特集 ジェネラリストのためのクリニカル・パール
http://www.igaku-shoin.co.jp/journalDetail.do?journal=34618

腹痛患者では◯◯を鑑別診断の2番目より後に挙げてはならない
’◯◯っぽくない’腹部所見というものはない

NHKについて
#とにかくびっくりするぐらい綿密な準備,取材、撮影でした。以前の民放では,放送前に最終的な映像を見せていただくことはなく、放映当日を迎えましたが、今回は数えきれないほどの打ち合わせ(対面,メール、電話)がありましたが,その細かい手続き、ノウハウについてはフォーマット権というのがあり,明かすことが出来ません。当日のカンファレンスだけは基本ぶっつけ本番でした。研修医の先生は当日まで誰がドクターGかは知らされていません。
ただ言えるのは,全てにおいて,私のok,了承なしに進んだものはないという事です。たった40分ちょっとの番組を作るのに、とてもたくさんの人と時間、資源がつぎ込まれている事が本当に認識できました。今回私の担当をして下さいましたプロデューサーの三宅大介さんには本当にたくさんのわがままを聞いていただきましたし,それをサポートして下さった制作会社homeroom、NHKの皆様には本当に感謝しています。よい勉強をさせていただきました。

感想
#やっぱり当事者になるのが一番勉強になるという事を再認識。私自身が準備の過程で最終診断の◯◯や、鑑別診断の一般的な症状や経過、診断の方法などについて、いい加減な事がいえないので,うろ覚えはないか,間違った認識はないかとその都度、文献にあたり確認し直す事を繰り返すことになりました。まさに、teaching is learning twice(教える事は二度学ぶ事である)を再確認できました。
#準備にずいぶん時間がかかるという事。ほんとうにたくさんの人や時間の努力でひとつの番組が支えられ,放送に至っている事。
#一般視聴者の存在を忘れないこと、普段のカンファレンスとはやり方が違うこと。地上波で視聴者の大半は非医療従事者であることから、準備の段階からそのことを制作側からかなり強調されました。はじめにも書いたのですが、正確さを無視する訳ではないのですが、わかりやすさ,伝わる事が重視される事を意識することを学びました。また、ガチンコカンファレンスで、つい白熱して英語や医学用語が出てしまうことがあり、それについては、止められて言い直しをさせられる,という事が何度かありました。

とても長くなりましたが、どうしても表面的にとらえられる番組の印象から誤解を受けてほしくない部分もあるので,その補完として書かせていただきました。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中