カテゴリー別アーカイブ: 一般の方向け

アメリカ見聞録(2年目研修医の目から見た米国の医学教育と家庭医療)

この原稿は1996年〜1997年初頭頃に書いた物で、結局没になったためにお蔵入りしていた物を基本的に変更せずにそのまま公開しています。
記載された内容,事実は当時の物で,当時医師2年目の立場の目で見た解釈が含まれています。

12ページ 原稿用紙40枚分と長いので、ご注意ください。
古さや青臭さが残っておりますが、今日でも有用な内容も含まれていると思いますので、あえて,原文のまま公開致します。
リンク切れや情報の間違い等についてはご容赦ください

改めて読んでの私の感想

  • 原稿用紙40枚分も書いている!
  • 結構的確に捉えている!けど生意気!
  • 今のアメリカで当時から何も変わっていない事もいっぱいある(進歩していない?)
  • 同じ事を日本でできる環境が結構整っている!

私の他の留学関係のちゃんとした執筆はこちら(これらも少し古くなっていますが)

アメリカ臨床留学への道―You can do it!
佐藤 隆美 , 中川 伸生 / 南山堂 (2005-11-10)

アメリカ臨床留学への道―You can do it!
佐藤 隆美, 中川 伸生
南山堂 ( 2005-11-10 )
ISBN: 9784525030032

(私の担当分は下記にupしてあります)

家庭医学・総合診療にみる医学留学へのパスポート (シリーズ日米医学交流)
日米医学医療交流財団 / はる書房 (2007-11)

米国で何を学んだか – 特集「海外臨床研修で受けたインパクト!」.JAMIC Journal. 2003; 23(12): 13-15 岡田 唯男.

FD 留学 (faculty development)

広告

門番と魔法使い The Gatekeeper and the Wizard: a fairy tale 翻訳

http://printwizard.hu/wp-content/uploads/2012/05/wizard_by_muttlyn-d3axec4.jpg

魔法使いと弟子,ではなく門番と魔法使い。

約1年前に翻訳の許可を本人からもらい、世界家庭医の日から一日遅れて完成。

作者のN. Mathersは奇しくも明日からマレーシアのボルネオ島で行なわれるWONCA Asia Pacific 2014の学術集会でリサーチについての基調講演のひとつ(When East meets West – Learning Together To Do Research )を担うことになっている。その彼がリサーチフェローの頃の作品。(1989)

こちらに翻訳を挙げておりますので,先ず一読いただいきたい。
http://ja.scribd.com/doc/225225201/

おとぎ話というのは、メッセージを伝えるために、あえて、間接的な隠喩の形をとることで、読み手に様々な創造力と解釈の余地を意図的に残すことでその目的を果たすので、あまり解説はしたくないのだが,どうしても何の話かわからない人のために、このエントリーのずっと下の方にヒントを載せておきます、ひとまず、自力で読んでみて、どうしても???という方のみご参考下さい。

続編が2本ありますので、また合間を見て翻訳したいと思います。

ヒント:
門番(Gatekeeper):GP(general practitioner) 総合診療医/家庭医ですよね。魔法使いのために門を開ける仕事もしていますから最近はgate openerとも呼ばれています。
魔法使い(Wizard):専門医
お城: 病院
水晶玉:病院にある高額診断機器
強力な魔法:病院でないとできない高額治療
女王:言わずもがな英国は女王の国、NHSのことも指しているようです。 日本だと総理大臣でしょうか
大臣:厚生労働大臣