カテゴリー別アーカイブ: 執筆

アメリカ見聞録(2年目研修医の目から見た米国の医学教育と家庭医療)

この原稿は1996年〜1997年初頭頃に書いた物で、結局没になったためにお蔵入りしていた物を基本的に変更せずにそのまま公開しています。
記載された内容,事実は当時の物で,当時医師2年目の立場の目で見た解釈が含まれています。

12ページ 原稿用紙40枚分と長いので、ご注意ください。
古さや青臭さが残っておりますが、今日でも有用な内容も含まれていると思いますので、あえて,原文のまま公開致します。
リンク切れや情報の間違い等についてはご容赦ください

改めて読んでの私の感想

  • 原稿用紙40枚分も書いている!
  • 結構的確に捉えている!けど生意気!
  • 今のアメリカで当時から何も変わっていない事もいっぱいある(進歩していない?)
  • 同じ事を日本でできる環境が結構整っている!

私の他の留学関係のちゃんとした執筆はこちら(これらも少し古くなっていますが)

アメリカ臨床留学への道―You can do it!
佐藤 隆美 , 中川 伸生 / 南山堂 (2005-11-10)

アメリカ臨床留学への道―You can do it!
佐藤 隆美, 中川 伸生
南山堂 ( 2005-11-10 )
ISBN: 9784525030032

(私の担当分は下記にupしてあります)

家庭医学・総合診療にみる医学留学へのパスポート (シリーズ日米医学交流)
日米医学医療交流財団 / はる書房 (2007-11)

米国で何を学んだか – 特集「海外臨床研修で受けたインパクト!」.JAMIC Journal. 2003; 23(12): 13-15 岡田 唯男.

FD 留学 (faculty development)

家庭医/GPとは(定義)

Norman Rockwellの

Norman Rockwellの “Norman Rockwell Visits a Family Doctor”

総合診療専門医という名の下に定義を包含されることになる家庭医という仕事。
昨年独自の定義を試みたのでここに共有をしておきます。

「家庭医/GPとは、主としてプライマリ・ケアを担うが一部secondary careも担う医師であり、その特徴は定義された集団(年齢、性別、文化的背景を問わないコミュニティーや家族)との既存の関係性を前提にして、長期にわたって、その文脈の中で、受診のしやすさを強みとして、そこに生じる大半の健康問題に自ら、時に、他職種、他分野と協力して、幅広く、様々な病態、病期に責任を持って対応する専門医である。」

GP: General Practitioner
secondary care:二次診療

出典は下記の通りです.力作なので是非,お読みください.

岡田唯男.  家庭医,General Practitioner, プライマリケア医、ジェネラリストとは。 その定義から見えてくるもの 特集:ホスピタリスト宣言. Hospitalist Vol.1 No.1 2013, pp19-28
http://mediamarker.net/u/familydoc/?asin=4895929353