カテゴリー別アーカイブ: Uncategorized

これが世界のスーパードクター14 TBS系 2011年3月22日(火)よる9:00から

これが世界のスーパードクター14
2011年3月22日(火)よる9:00から
http://www.tbs.co.jp/program/superdoctor_20110322.html
をごらんになった皆様へ

このエントリーは番組の放映前に作成し公開しています。取材段階から編集まで担当のディレクターの方と念入りにメールと電話のやり取りはしましたが、実際の映像は一度も見ておらず、私自身も最終的にどのような内容が放映されるのかは知りません。

多くの視聴者の方が今夜の番組を見て、このページにたどり着いたのではないかと思います。

なるべく、シンプルにメッセージをまとめておきたいと思います。言い訳のようなものですが。

私自身はスーパードクターだとは全く思っていません。自分よりも優れた家庭医は日本中にたくさんいます。家庭医だけでなくそのほかの分野の医師も含めたくさんの人が被災地で被災者のケアに取り組んでいます。また、被災地以外で多くの家庭医、プライマリ・ケア医と呼ばれる人たちが日本中の人の日常の健康を守っています。今回は僕自身がスーパードクターとして取り上げられた,というよりは、そういった日本中の家庭医の代表として、「たまたま」取り上げられることになったのだと思っています。
ただ,当然家庭医としての自分自身の仕事には誇りを持っており、ベストを尽くしています。他の医師よりも良い医療が提供できるよう日々努力しているつもりです。
今回取材の方は何日にもわたって長時間の映像を撮影くださいました。ただ,あくまで取材の承諾をして下さった患者さんの映像だけであり,しかも放映されたのはその中から抜き出した数分にしかすぎず、私の家庭医としての仕事のほんの一側面だけを表しているにすぎません。
そのこともご理解いただければと思います。

何でこの人がスーパードクターなの?という感想を持たれた方。 可能性は2つあります。ひとつは番組で取り上げられた他のスーパードクターたちは、その「すごさ」が比較的わかりやすいために、相対的に「わかりにくくなってしまった」「見劣りしてしまった」可能性。(後述)もうひとつ、「私のかかっている先生もこのぐらい出来る」と思った方、実はあなたはとてもラッキーです。意外とそのようなレベルの医療を提供できる医師は多くないようです。(これも後述 P.S.へ)

開業医と何が違うの?という感想,疑問をもたれた方。お願いがあります。家庭医と開業医を比較して論ずることはできません。別の分類方法である事を理解ください。家庭医はその専門分野を表現する言葉であり、その働き方として勤務医の場合もあれば開業医の場合もあります。一方開業医は、個人事業主という事業形態の表現にすぎず、眼だけをケアする眼科の開業医や、皮膚だけを診る開業医もいます。もちろん開業医をしている人たちの中に優秀な家庭医もたくさんいます。
開業というのは医療の専門分野の名称ではありません。開業医のなかに家庭医はいますが 開業医=家庭医ではありません。また家庭医には勤務医もいます。私も医療法人のサラリーマンです。
どうか「開業医は」とひとくくりで様々な医師集団をまとめて論じないで下さい。(経営方針的には開業医と勤務医で論じることはできるかもしれません)

この人すごい! という感想を持って下さった方、そのような評価を頂き感謝致します。あなたは素晴らしい感性の持ち主です。もしくはいろいろな事情でたくさんのドクターにかかる経験があって,医師の技術の微妙なレベルの違いがわかるようになったのでしょう。ただ,最初にも書いた通り、私よりも優れた家庭医,私の尊敬する家庭医はたくさんいます。家庭医療,プライマリ・ケアを専門とする医師集団は既に日本にあり、専門医制度も始まっています。

日本プライマリ・ケア連合学会
http://www.primary-care.or.jp/

そして,全国の同志が連携をとりながら、直接,間接的な形で被災地への支援を進めています。

日本プライマリ・ケア連合学会 東日本大震災支援プロジェクト PCAT
http://pcforall.primary-care.or.jp/

そのような医師が日本にもっと必要だと考えるかたは、行政へ、医師会へ、地域の基幹病院へ、ご意見の形で、また選挙の投票を通じて、家庭医を増やす要望を声としてあげて下さい。

もしかしたら、番組の中で脳腫瘍を見つけることになる患者さんの事例が取り上げられるかもしれません。初期診断は我々の重要な仕事ではありますが、どちらかというと,日常の仕事におけるその割合はそれほど大きくありません。(後述)診断の専門家は神様といわれるような人が日本中にいますし、同じTBS系で最近放映されたドラマ 踊れドクターGM http://www.tbs.co.jp/GM-odore/ の監修をされた千葉大学の生坂教授もその一人です。
あの脳腫瘍は、いずれは誰かが見つけるものだったのだと思います。たまたま私がそのタイミングだったのでしょう。患者さんにも助けられました。医療は患者さんとの共同作業ですから、私一人でやったのではありません。

私にかかりたい,私の診療を受けたいと思った方、ありがとうございます。とても光栄に思います。でも、私が診療をしている千葉南房総から遠い方は,無理しないで下さい。良質な家庭医療は、定期的に,長期間診せて頂き、医師ー患者関係以上、友人家族未満という(柳田邦男氏が1.5人称の医療,という表現をしましたが)人間的な関係を前提として成立します。そして、家庭医療,プライマリ・ケアの質は、医師の質もさることながら、距離的、時間的にかかりやすい事、ちょっと思い立ったらかかれる事(アクセスといいます)の質が大きく影響します。遠くの超名医より近くの良医を探すことを優先して下さい。そして今かかっている先生に大きな不満がないのであればその医師との関係を大切にして下さい。
繰り返しますが、私と同じレベルで良質の家庭医療、プライマリ・ケアを提供できる医師は全国にたくさんいます。

さらに分野に関わらず、全国には名もなきたくさんの医師たちが、また医師だけでなく多くの医療従事者(看護師、リハビリ,薬剤師、事務員など)の全てが、それぞれの立場でそれぞれの出来ることが何かを考え、目の前の患者さんにベストを尽くしています。(ごく稀に困ったさんはいますが,例外的です)
医療は人間同志の相互作用です、あなたからの働きかけにのやり方によっては、現在の先生から得られる医療の質がさらに良くできる可能性を秘めています.あなた次第であなたの主治医をスーパードクターにする事も可能なのです。(心付けとか袖の下、の話ではありません,念のため。 COMLの『新・医者にかかる10箇条』を紹介しておきます http://www.coml.gr.jp/10kajyo/index.html )

家庭医療,プライマリ・ケアをわかりやすく短時間の映像にするのはとても難しいことです。そして「医療の質」を判断するのもとても難しいことです。その理由は別エントリーで詳しく書きたいと思いますが、取材の松原さんも一生懸命,ともに悩んで下さいました。すこしだけ書いておくと、家庭医の力量は「何も起きない事」で示される。本当に優秀な仕事をする警察、消防のある地域は、大きな犯罪や事故、火災は起きない訳ですそして,力量の差は10年、20年後に現れるからです。これですこし、他の医師との「腕の見せ所」が違う事をご理解いただけますでしょうか。

私がこれまでに書いたものをすこしだけ紹介しておきます。私がどのようなことを考えて家庭医という仕事に取り組んでいるか,もう少しわかって頂けるのではないかと思います。

http://www.scribd.com/collections/2457718/MMJ-column

最後に、年末の仕事納めの後にも関わらず館山まで会いに来て下さり,その後もカメラなしの下取材から何度も何度も館山に足を運んで頂き、丁寧な取材を重ね、出来るだけわかりやすく家庭医療を映像として伝えられるよう尽力くださった担当の松原様にはこの場を借りてお礼申し上げます。
2、3日前、編集終了直後の松原さんからのメールの一部をここに転載しておきます。

———————————

今回は、今まで一番多くのスーパードクターが紹介されているようです。という事で、沢山のSDが、紹介されており、尺(時間)も、非常に短くなってしまいました。私も、岡田先生パートの事しか、わからなかったのですが、昨日、一昨日の1本化の作業で、ようやく全体像を見た次第です。

ご想像通り、手術や「手術前、手術後」の変化があまりに大きい、ドラマティックなものは、どうしても大きな扱いになっており、岡田先生を取材させて頂いた私としては、個人的に非常に残念なのですが、如何せん、トータル的なバランスという点で、尺が短くなってしまったのだと思います。

ただ、多くの人に見ていただける番組ですので、まずは「家庭医とは」とか「家庭医って必要」という意味で、世の中に対しての第一弾のメーッセージとしては、よいチャンスだと思います。

松原 ◯子

——————————–

P.S. 取材の松原さんには繰り返し,様々な場面で「普通の医者はそこまで聞かない」「普通そんな事しない」と何度も言われました。その度に、「僕は普通と思ってやっています」「僕の知っている家庭医も普通にそうすると思います」と答えた訳ですが、自分がやっている事は自分がやるべき普通のことと思ってやっているので、それが他の医師と比べてどうなのかはわからないのです。ただそのあたりに、「家庭医」の専門性の秘密が隠されているのではないかと思っています。

>収穫と振り返り

>最近だいぶ静脈の仕事が出来るようになってきました.まだまだ改善点はありますが.
やりっ放しで,何をどれだけやったのかをこまめに記録して振り返っていかなければ,それははたけに大量の種をまいたにもかかわらず,その成果(収穫物)には目もくれず,ひたすら種だけをまいているようなものです.
1年間の実績(講演,学会,執筆など)はこまめにまとめていかないと,どんどんやる気がなくなります.
私の場合は年に3回強制的にやらざるを得ない締め切りが用意されておりそれに合わせて年に3回自分の活動をまとめます.
1.5月頃 所属する法人の事業報告の原稿作成に合わせて(通常遅れます)
2.夏から秋にかけてHANDS-FDFの2回目のセッションで履歴書についてのコマがあります.そこで実例をフェローの人に見てもらうために,再度update (実質の自分の履歴書のupdate)
3.年末にかけて,その1年間の総括の意味も込めて.そしてこのときのまとめは重要な意味を持ちます.
年賀状の送付先リストの基礎データになるのです.
その1年お仕事を依頼してくださった方と,新年度既に依頼頂いている方々に年賀状を送るようにしています.ですから漏れを認めるわけにはいきません.

どうやって確認しているか.日常スケジュールの管理はgoogleカレンダーですがカレンダーを何種類も併用しています.(そこがgoogleカレンダーのよいところ,それぞれの色が違います)
1.日常的に館山でやる業務を入れるカレンダー
2.プライベートの用事を入れるカレンダー
3.館山以外の場所でやる仕事のカレンダー(これに出張,講演等が入ります.鴨川での会議や外来も入りますが,秘書さんにとってはこのカレンダーで予定が入っていたらとにかく館山にはいない,ということが分かるので電話対応などがしやすい)
4.医局行事のカレンダー
5.館山に見学や訪問に来られる方,短期研修の人の予定のカレンダー
6.医局秘書の予定
まだあったかな?
普段依頼が入ったらgoogleの3のカレンダーに予定を入れます.
googleカレンダーはそれぞれ独自に表示,非表示が切り替えられるので
今回のようにまとめをする段になったら,3以外のカレンダーを全部非表示にするだけで簡単に確認することが出来ます.それを一箇所にまとめていけばよいのです

さて振り返り
講演,講師活動

2009年は30件
ちなみに 2008:24件 2007:20件 2006:30件
2006年で多すぎると反省したはずなのに..またリバウンド.
現在のやり方の問題は1年の最後まで数を数えないので全部終わってから多すぎた,と気づく.来年から番号を振るか.
学生さんとの関わりも公式の講義,非公式の勉強会を交えて聖マリアンナ医科大学,千葉大学,北里,杏林,東海,医科歯科と増えており,ありがたい限りです.
また今年は製薬会社さん(これはプロフェッショナリズムの観点からお受けするかどうか大いに悩みました),看護師さん,薬剤師さんなどこれまで余り無かった方にお話しすることが出来ました.感謝.
またインフルエンザについて有料の講習会の講師をするという貴重な経験
総合医スキルアップセミナーのシリーズ
などなど秋口はきつかったですが,それなりの収穫もありました.
来年早々からいろいろと依頼をいただいています.
今年もまた来年も何件かは予定が合わずお断りをせざるを得ない依頼がありました.
体が一つなのでどうかご理解の程をよろしくお願いいたします

学会発表
学術活動(学会)

9件(公募WS含む) 主演者は2件でした.
2008:8件 2007:13件 2006:11件
まずまずですね.ただこれまでは指導教官的な立場の発表(主演者が別)の物が多かったため今年は自分が主演者として意図的に取り組む物を入れました.数だけではない,質的な挑戦が出来たと思います.

論文、執筆活動
淋しい限りです.
一番苦手とするところで,ここが,まだ弱いと感じている静脈の仕事.
来年もここを重点課題にすることになりそうです.

様々な過去の活動の中身は可能な限り以下で公開しています.
http://www.scribd.com/familydoc