実践誌連載 プライマリ・ケア言始め

日本プライマリ・ケア連合学会の発行するいわゆる実践誌にて

プライマリ・ケア言始め(ことはじめ)
−今さら聞けないひととことば−

と題して2016年より連載をさせていただいております。

読み物ではありますが、どんどん古くなるタイプの情報ではなく、保存的価値も高いと思いますので出版社及び編集委員会にお願いして、公開の許可を頂きました。(2019年春頃 メールのやり取りにて)

発行物ですので、ダウンロード、印刷、コピーペーストについては権限を付与していません(パスワードが要求される場合がありますが、お知らせできません)。
日本プライマリ・ケア連合学会会員にはハードコピーが届いていますので、実物はお近くの整理/保存上手な会員の方にお借りしてください。

オリジナルのコンテンツを扱っているわけではありませんが、出典をどう解釈してどの部分をどのように抜粋してどの順番で日本語で表現するか、については私の独自性の部分ですので、引用をされる場合は、出典のそのものを引用されるか、こちらの実践誌を引用されるかは、各自でよく検討ください。

まだアップされていないものについては順次アップします。お待ちください。

なお本連載は、日本プライマリ・ケア連合学会の 学会のあり方・知的活性化プロジェクトチーム(通称チーム岡田)の活動の一環として行われており、年次学術集会における教育講演(「プライマリ・ケアってエビデンスはあるの?」「プライマリ・ケアにおける押さえておきたい古典的文献」)やWSなどと連動しています。

シェア大歓迎です!

以下バックナンバー

全部まとめて見る場合はこちら

連載 「プライマリ・ケア言始め(ことはじめ)−今さら聞けないひととことば−」

2016年
第1回 ACCCA(1978,1996).プライマリ・ケア.2016;1(1):44.
第2回 ACCCC(1999).プライマリ・ケア.2016;1(2):48.
第3回 ACCCC(1999)その2.プライマリ・ケア.2016;1(3):36.
2017年
第4回 Starfield の4 + 3(1992,1998) その1. プライマリ・ケア.2017;2(2):56.
第5回  Starfield の4 + 3(1992,1998)その2(First contact care).プライマリ・ケア.2017;2(3):64.
第6回 Starfield の4 + 3(1992,1998)その3(全人的な人間関係に基づく継続診療) プライマリ・ケア.2017;2(4):43.

2018年
第7回  プライマリ・ケアの特徴を記述する( これまでのまとめ+α ) プライマリ・ケア.2018;3(1):50.
第8回 プライマリ・ケアを記述する(Kringos の10 の軸,2010) プライマリ・ケア.2018;3(2):52.
第9回 プライマリ・ケアを記述する2 (Starfield,1992,1998, Macinko, 2003) プライマリ・ケア.2018;3(3):61.

2019年
第10回 医療の三つの目標 (Triple Aim 2008) プライマリ・ケア.2019;4(1):58.
第11回 医療の四つの目標 (Quadruple Aim 2008) プライマリ・ケア.2019;4(2):64.
第12回 ケアの経験(patient experience :PX)を測定する① プライマリ・ケア.2019;4(3):58. (招待執筆 青木拓也)
第13回 ケアの経験(patient experience :PX)を測定する② プライマリ・ケア.2020;4(4):58. (招待執筆 青木拓也)

2020年
第14回 患者中心のケアとはどういうことか プライマリ・ケア.2020;5(1):68. (招待執筆 大浦誠)
第15回 医療者のバーンアウト(医療提供者の働き方の質を改善する)プライマリ・ケア.2020;5(2):7.
第16回 プライマリ・ケア.2020;5(3):.
第17回 プライマリ・ケア.2020;5(4):.