タグ別アーカイブ: 初期研修

初期研修医は地域医療研修に何を求め,何を学んでいくか?(医学教育学会2009ポスター)

週末の医学教育学会よりうちのスタッフ(HANDS-FDF修了生でもある)との共同発表。
いちおう一部数を数えましたのでmixed methodとしましたが、基本的には質的研究です。
彼のお父さんは文化人類学者ということもあり、非常に的確な質的分析をします。

同じ状況で仕事をしている人にとってはごく当たり前の結果かもしれません。しかし多くの人がそう思えば思うほどその事象の本質をとらえている(つまり外的妥当性が高い.研究とのしての質が高い、ということ)

もう一つの方は、多少内部事情に関係する部分もありますので、関係者に配慮して、公開は控えさせていただきます。参加いただいた方だけの特権ということで。

第41回医学教育学会2009 発表 篠原 http://d.scribd.com/ScribdViewer.swf?document_id=17705986&access_key=key-49my0slilwb8yevut2d&page=1&version=1&viewMode=slideshow

広告

亀田メディカルセンター 初期研修医 応募締め切り間近!(7/10)

母体である亀田メディカルセンターの初期研修医の募集締め切りが7/10に迫っています。

全国的な初期研修制度の弾力化に伴い、院内では複数回の大規模な内部ヒアリングを行った上で、あえて柔軟性を少しだけ落として、「全ての診療医に必要な基本的臨床技能」の保証を再度徹底する方針となりました。

亀田メディカルセンターの初期研修「骨太の医師養成」

とは言うものの、志望科をふまえてそれぞれで受験、採用という方針は変わりません。家庭医志望は非常に倍率が高く、私の力不足もあって、なかなか採用に至らないという非常に申し訳ない最近の実績ですが、いまのところの応募状況では、今年はずいぶんと倍率が低そうです。

我こそは、という方はぜひ登録を!

亀田メディカルセンター 研修医募集サイト

家庭医の後期研修の公募は8月頃の予定です。今年も大きな改善をふまえて皆様にお届けします。乞うご期待