タグ別アーカイブ: 講演

>メタボより、知っておきたい 予防接種

>表題のタイトルで一般の方向けに公開医学講座が行われます

公開医学講座
【開演/終演】14:00/16:00 【入場料】無料
【主催者】(社)安房医師会 0470-22-0228

前半は一時間 神戸大学に移られた岩田健太郎先生の講演

後半は自治体の保健師さんや地区医師会の先生を交えて公開討論。(司会進行をつとめさせて頂きます)

肺炎球菌ワクチンを中心として、任意接種の予防接種についても重要性を認識してもらえれば、というのがねらい。

岩田節の聞きたい方、予防接種は本当に必要か疑問な方、残暑の暑さを逃れたい方、どなたもどうぞ。

肺炎球菌ワクチンについて

【MEDICALホットニュース】肺炎球菌ワクチンを知っていますか?
この記事作成時の2007年4月では公費助成を行っている市町村は21だったのが、
現在は72市町村に。

肺炎球菌ワクチン接種に公費補助を!

墨田区でも9月から始まりました 補助額4000円!

肺炎球菌ワクチン ニューモバックス

米国の65歳以上の高齢者における肺炎球菌ワクチンの接種率は64%と推計されています。一方、本邦では1987年に認可され市販後約20年が経過するも、いまだに接種率は4%未満です。この接種率の大きな差は保険適応のない任意接種で、費用は全額自己負担であることが大きく影響していると考えられます。2007年11月時点で本ワクチンの意義に理解のある全国64市区町村の自治体においてのみ公費助成がなされているのが現状です。今後、医療従事者のみならず国および各自治体にも本ワクチンの重要性を理解していただき、肺炎球菌感染症から一人でも多くの人を守るために、予防医学的・医療経済的視点からもインフルエンザワクチンと合わせて、特に高齢者への公費助成の推進が切望されます。

医療ルネサンス
健康へのデザイン 瀬棚町の挑戦
肺炎ワクチン初の公費補助

>第6回家庭医療集中セミナーin館山

>第6回家庭医療集中セミナーin館山
【日時】:2008年8月8日9時~18時
【場所】:安房地域医療センター(千葉県館山市) http://www.awairyo.jp/
【募集】:15~20人(先着順)
【対象】:学生、初期・後期研修医、医師
【参加費】:資料代+懇親会費: 8000円 (セミナー 6000円 懇親会 2000円)

【講師】:
マーガレット・ギリス (Mercy-St. Joseph Hospital, Ann Arbor, US)
カトリーヌ・ソバジェ (Cancer research center, Lyon, France)
岡田唯男(亀田ファミリークリニック館山・ディレクター)
佐野潔(パリアメリカ病院日本家庭医療クリニック)
【内容】:
家庭医療に必要な知識と技術、教育・研修/いかに学ぶか、米仏救急医療など
幅広く学び、日本の家庭医療の将来についてなど皆でフリーに語りあいましょう。